FC2ブログ

エルカホンドラム個人ノート

Doblogより移りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自殺のすすめ

『とある男の迷走』の続き


男は自分の中にあるアラを見ていく中で、もう全く何もかもが嫌になってきてしまった。
自分を何とかしたいと思っているのに、その肝心の自分は言う事をきいてくれない。自分をコントロールする事が出来ない。

そこで男は自分に愛想をつかしていると言う事に気付いてしまった。
自分に愛想をつかしてしまっている、これはとても重大な事であった。
自分なんていうものは不安定なもので、自分が気に入っていなければ、全体でないにしろ自分のどこかしらを気に入っていなければその人の中の自尊心、生きる為の源というものはグラグラと揺れ出してもろく崩れさってしまうようなものである。しかし男はふと気付いてしまった。

崩れさってしまった先には良い未来は待っていない。
それこそ自己放棄、自殺などである。
なかには手当りしだいに迷惑をそこいら中にまき散らす方向に持っていく人間もいるが、この男は内向的な面を強く持っているようであった。
そこで男は死に対してのシュミレーションをしだした。

テレビなどでは飛び下り、電車への飛び込み、服毒、一酸化中毒、首吊りなどのニュースが比較的多く見られている。ちょっと昔だと腹切りと言う方法もあった。
しかし、結局どれも他人に迷惑をかけることになるようで男は逡巡していた。
他人に迷惑をかけないで自殺するなんて言う事は土台無理な話しであるのだが、男は迷惑をかけると言う事を極端に嫌う性質をもっていた。
そもそも自殺という行為自体が他人に迷惑をかけるのである。
自殺するという事は今まで関わって来た人とのつながりであったり、本人は望んでいなくとも世話になって来た人達とのつながりを突然断ち切ってしまうのである。
本人はそれで良いかもしれない。服毒なり、飛び下りなりしてしまって生命活動が停止してしまえば思考するという事も無くなる訳だ。
しかし残された人には、自殺という事件が起きた後も止まらずに進んでいく時間がある。
一緒に自殺した人に対しての思考というか記憶が止まれば良いと思う。あいつはなんで死んだんだ?とか、身近にいた人は少なからず自分の中に原因があったのでないか?などという考えを起こさないで済む訳だ、残された人も。もしそうならまた違う結論が出るかもしれない。
しかし、自殺については精神的な迷惑だけをかけるのでなく、物理的にも迷惑をかける事になる。
飛び下り、電車への飛び込み、首吊りなどはいうまでもない。
服毒などは比較的少なそうだが、室内で、しかも賃貸などの借りている部屋で行えば不動産屋は頭を抱えるであろう。
迷惑をかけたくない男は手詰まりの状態になってしまった。
逆にいえば、男はそれだけ色々な人と関わりを持って来たという事になる。
この事実はとても男にとって嬉しい事でもあった。勝手に自分はひとりで孤独なものなんだと思っていたが、そうでもなかったらしい。
もうすでに迷惑をかけながら生きて来たのだ、自分は迷惑をかけないように生きて来たつもりだったが色々な人に迷惑をかけて来たのだった。
考えてみればそうだ、生きてりゃゴミも出るし、糞や尿も出る。
自分でそういったものを処理して来た事など一度もない。ゴミは清掃局に、糞尿は水道局に世話になって来た。もっといえば便器というものを開発した人の世話にもなって来た。

ふと男は迷惑をかけない完璧な自殺の方法を考え付いた。
どこかしら、誰も住んでいない土地に行き、それこそ電気や水道なども一切無い土地に行ってそこで生活するというのはどうだろうか?
これなら誰の世話にもならない。ならないという事はないだろうが極力ならないで済む。
自分で寝床を作って、自分で水をひいて、自分で食い物を作る。糞尿も自分で後始末する。
死んでいる訳でもないから、時間をとめる事もない。
誰とも連絡を取らなければ、周りにも誰もいないのだから死んだも同じである。

男は晴れ晴れとした気持ちになり、うずくまっていた玄関から立ち上がりそのまま家を出た。




AUTHOR: YUKA DATE: 04/24/2006 03:47:27 続きを!!
スポンサーサイト
  1. 2006/04/23(日) 00:00:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ロック生死化 | ホーム | とある男の迷走>>

コメント

やた!25日てことは今夜か!
  1. 2006/04/25(火) 01:31:08 |
  2. URL |
  3. YUKA #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://69action.blog35.fc2.com/tb.php/73-6d4b806f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エルカホンマコト

Author:エルカホンマコト
エルカホンドラム個人ノート

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
(2)
バンド (23)
メールはこちら (1)
告知 (16)
黒とかげ (3)
雑記 (96)
Blog (2)
乱文 (2)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。