エルカホンドラム個人ノート

Doblogより移りました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出入り

小節の出口に気を付けよう!
それは、時には1小節でないかもしれない。
4小節を大きなククリとするかも知れない。
8小節をククリとするかも知れない。
小節の終わりがキマるって事は、次の小節のはじまりもキマるって事なんだ。
小節の終わりには気を付けよう。

三分のリズムって人の動きっぽく感じる。
楽しそうな感じを受けるんだ、なんだかとても自由な感じ。
ふらふらと歩いている時とかは三分のリズムだ。
四分のリズムはちょっとシステマティックな感じがする。
決められた事の中で組み立てて行く感じを受ける。
軍人さん達の行進とかは四分のリズムでないだろうか?
三分のリズムは聴いている時は楽しいんだけど、それをいざ自分が演ってみると逆にカチカチに固められてしまうのは何故だろうか?
ダット・サン・トラック・オン・ザ・ドラムスのカッチャンもポロッと言っていた。
だから気のせいではないと思うんだ。
しっかりとした三分のリズムを出そうとすると、それこそかなりシステマティックな感じがする。
いや、三分のノリって本当に解釈次第で右足と左手の拍付けは自由だから、変に四分の時のような決められた拍の位置と言うのはないのかも知れない。
つまりは自分があまり三分のリズムのフレーズを演った事がないかも知れない。
じゃぁ四分だと逆に自由を感じるのは何故だ?
単純に四分の構成を無意識下で理解してんだろうか。。
そういや、三分のノリなんだけど四拍子の曲もナイスなノリになるよなぁ。

聴いている時と演奏している時のギャップがある。
これはジレンマにつながりかねないから、攻略しておくべきだ。
家でよく聴いている音楽と言うのは三分のノリの曲が多いのだから三分の演奏も出来る様になるべきだ。


余談ですが、最近のワールドアパートメントホラーのライブが素敵です。
T氏の推奨する『一瞬の交錯』、違う言い方すれば『交錯の刹那』とでも言いましょうか。
かなり簡易に略しているので、若干の語弊があるかもしれないですが、素敵です。
夢一夜の時の一曲目とかグッと来た、男っぽさがたまらんね。



スポンサーサイト
  1. 2006/12/18(月) 00:00:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドカン! | ホーム | いよいよ来年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://69action.blog35.fc2.com/tb.php/100-7df83277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エルカホンマコト

Author:エルカホンマコト
エルカホンドラム個人ノート

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
(2)
バンド (23)
メールはこちら (1)
告知 (16)
黒とかげ (3)
雑記 (96)
Blog (2)
乱文 (2)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。